校 歌
校 歌
校 歌 
                                
    作詞  久一 和彦
   久一 馬太郎
作曲  森  豊幸
                             
                               
1  霞に明ける 瀬戸の海                                                                                                             
   みどり色濃き 真鍋島
   磯の香りに春が来て
   若き希望の花は咲く
        若き希望の
        若き希望の花は咲く

2  水島灘を 北に受け                                             
  瀬みぞあらしに 夏と知り
  波のしぶきに鍛えたる
  真鍋健児の意気高し
     真鍋健児の
     真鍋健児の意気高し

3  秋三更の夜はふけて
   月白金の波を寄せ
   真理の影を慕いつつ
   若き学徒に穂りあり
      若き学徒に
      若き学徒に穂りあり

4  山陽に積む峯の雪
     はるかに望む真鍋校
     理想の道は遠くとも
     わが学舎に通うなり
        わが学舎に
        わが学舎に通うなり